トップ «前の日記(2007-03-05) 最新 次の日記(2007-03-07)» 編集

じじぃの日記、ツッコミ可

Twitter: @jijixi_org
Xbox Live: jijixi

初心者が書いた OCaml 入門
Spotlight tips サイト内リンク集
1970|01|02|
2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|11|
2011|05|
2012|01|

2007-03-06 [長年日記]

% [雑談] シンタックスハイライトのありがたみを自然言語にも

なんか、ふと思いついたんで、とりとめもなく書いてみるが。

プログラムを書く人にとって、シンタックスハイライトは無くてはならない『ありがたい』ものだと思うんだけど、それがどう『ありがたい』のかというのは、わしにはうまく説明できない。 それでも『ありがたい』のは間違いなくて、そのありがたみは書く場合にも読む場合にも作用してる気がする。 そこで思ったんだけど、こういう仕組みを自然言語を書くとき (校正などを含む) に利用するような研究とかしてる人いないのかなあ、と。

プレゼンテーションのための強調というか、強調するために強調するんではなくて、書くときに間違いにくくするための強調表示みたいなの。 例えば品詞によって色を変えるとか。 どんな言語でもある程度品詞の並びにはパターンがあると思うんだけど、普段から色分けされた状態の文章を見ていれば、色の並びのパターンによって変なこと書いちゃったときに自然と気がつくとか、そういう効用があるんじゃないかと。

他には、英語なんかだと、the とか a とか in とか on とか at とか、その辺テキトーにハイライトされてると、何か校正の役に立ちそうな気がしたりしなかったり。 日本語だと「てにをは」がハイライトされてると、重複表現に気付きやすくなったりするかも。

とかなんとか、思ったんだけど、そういう仕組みを作ろうとか思うと、自然言語処理とか勉強してないとツラそうだから、まあ思うだけで終わり。

% [game] スパロボ W 日記、テッカマン多すぎ編

五人とかいらねーよ。 まあ、J のときのブレンパワード八体に比べればマシだが。 三人合体攻撃もあるし。 でも、部隊分割で選ばなかった方で知らん間に仲間になってて、合流したらいきなり四人いるとかビビるって。

つーか、ブレンのときもそうだったけど、原作見たことなくて、あんまり思い入れの無い作品のユニットが無駄にたくさん出てくると、なんか微妙にうんざりするんだよなー。 いや、思い入れのある人にしてみれば無駄じゃないのかも知れないけどさ。

ガオガイガーの連中みたいに、それぞれ特徴あるユニットなら良いんだけど、似たようなのが数だけたくさんいてもなー。

% [game] スパロボ W 日記、種の扱いテキトーすぎワロタ編

ダイジェストどころの話じゃねーぞ(笑

とりあえずストライクは一度も改造するチャンス無く大破した。 ガンダム SEED の話はアストレイの方がメインになっちゃってて、本編側はほとんどおまけ。 どっか知らないところで勝手に話が進んでて、たまにその報告が入る程度の扱い。 あとはイベントっぽい短い戦闘でストライクを操作したりはするけど。

たぶん、原作未見の人には、さっぱりストーリーがわからないと思われ。

お名前:
E-mail:
コメント:

トップ «前の日記(2007-03-05) 最新 次の日記(2007-03-07)» 編集

日記ってのは本来、自分で読み返すためにあるもんだよなあ……
もしくは有名人になったら死後に本になったりとかか?

RSS はこちら

jijixi at azito.com